一般歯科・小児歯科

むし歯になりやすいタイプ

.jpg

■ ミュータンス菌の数が多い
プラークをつくりむし歯のもととなる菌です。母子感染するといわれています。
■ ラクトバチルス菌の数が多い
ラクトバチルス菌は砂糖と一緒になって強い酸を作ります。
■ 飲食の回数が多い
飲食をするたびに歯垢は酸性に傾きます。したがってその回数が多い人はむし歯になりやすいといえます。
■ 歯垢の量が多い
歯にたまった歯垢が多いほどむし歯が発症しやすくなります。
■ 唾液の量が少ない
唾液の量が少ないと歯から菌を洗い流しにくくむし歯になりやすいと考えられます。
■ 唾液の緩衝能が弱い
唾液には糖類を食べて酸性になった歯垢を中性に戻す働きがありますが、この働きが弱い人はむし歯になりやすいと考えられます。

 

歯周病治療

歯周病とは?

.jpg

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。
また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

歯周病治療とは?

歯周病のもっとも基本的な治療法は、プラークコントロールです。
病原性プラークを除去し、口の中のプラークを正常なレベルに維持し、無害な細菌グループが支配的になる環境を整えることが重要です。

そのために通常、歯垢や歯石の除去とブラッシングの指導が行われます。
その後、麻酔し初期の治療でとりきれなかった歯周ポケットの深いところについた歯石を取り除く治療を行います。
歯周ポケットの非常に深いところについた歯石は、歯茎を切開して歯垢を取り除く手術を行います。

 

予防歯科

むし歯の予防

むし歯が発症するのは・プラーク(歯垢)・糖質・歯の質・時間の4つの条件が重なったときです。
したがってむし歯の予防にはむし歯の原因をつくらないこと(リスクコントロール)が大切になります。

むし歯予防のポイント

■飲食回数を少なくする
 飲食をするたびに歯垢は酸性に傾きます。
■甘いものを摂り過ぎない
 砂糖以外の甘味料を使用したものを食べるようにしましょう。また、量より回数を減らすことが重要です。
■よく噛んで食べる
 唾液の分泌を促進します。よく噛んだときにでる唾液は酸を中性にする力が普段の何十倍も強いといわれています。
■食後すぐに正しいブラッシングをする。
 むし歯や歯周病の予防でもっとも重要なのが食後のブラッシングです。(参照:ブラッシングの仕方)
■フッ素で歯の質を強くする。
 フッ素は歯の傷や不完全なところに作用し、酸に溶けにくいフルオロアパタイトという物質をつくり歯を強化します。
 また細菌が作り出す酵素の働きを抑制し酸の分泌を減少させます。
■定期健診を受ける

歯周病の予防

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。
また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。

 

ブリッジ・入れ歯・インプラント

失ってしまった歯を補う方法には、ブリッジ、入れ歯(部分床義歯)、インプラントがあります。

ブリッジとは・・・?

.jpg

失った歯の部分の左右の歯を支えとしてそこに橋を架けるように義歯を入れる方法です。

・ブリッジの長所
・自分の歯を土台とするため、自分の歯で噛んでいる感じがする
・ほとんどの場合保険で治療ができる
・見た目が良くできる
・ブリッジの短所
・左右の健康な歯をある程度削らなければならない
・土台となる歯が弱い場合はできない


入れ歯(部分床義歯)とは・・・?

入れ歯(部分床義歯)とは、粘膜で支える義歯です。

・入れ歯の長所
・どんな場合でもできる
・健康な歯を削る量は非常に少ない
・清潔に保てる
・保険でできる
・入れ歯の短所
・お餅やガムなど噛めないものがある
・見た目が悪くなることがある 
・噛みあわせがすぐに変化し、装着が煩わしい


インプラントとは・・・?

骨の中にチタンのネジを埋め込み方法です。

咬む能力が入れ歯やブリッジと比較して格段に高く、自分の歯と同程度で違和感もありません。
健康な歯を削ることもないので、残っている歯に対してもやさしい治療法と言えます。
費用と時間がかかることがインプラントの欠点といえます。

むし歯や歯周病などで歯を失うと、歯根までなくなってしまいます。
以前は取り外し式の入れ歯か、残った歯を土台にするブリッジしかありませんでした。
しかし、これらの方法では歯根は失われたままですし、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。
また、取り外しの入れ歯は、硬いものを噛むと痛みがあったり、入れ歯が動いたりして、どうしても違和感が残ってしまいます。
新しく登場したインプラント(人工歯根)は骨の中にチタンを埋め込み、それを土台に人工の歯をつくるという治療方法です。
これによって歯冠だけでなく歯根も取り戻すことが可能になりました。


審美歯科・ホワイトニング

ホワイトニング

.jpg

ホワイトニングは、歯を削ったり人工物を付けたりせずに、歯そのものを白くできます。
ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。
オフィスホワイトニングは歯科医院で行い、ホームホワイトニングは、自宅で歯の漂白を行います。


レーザー治療

当院では、安全性に優れたレーザーを使用しております。 虫歯治療、歯周病治療、知覚過敏(歯がしみる)、口内炎、口角炎、外科処置後の出血防止まで幅広く活用しています

.jpg 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
06-6461-0802

img001021.png